本館 秘密の庭で遊ぶ少女たち3 ←GO!

掲示板 BBS ←GO!

油彩画の制作過程や日々のBLOGです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

大晦日なのに・・賀状間に合わない・・

だめだ・・まだ1割にも満たない・・酒飲みたい!
年明けてからの発送になりそうです(笑)
スポンサーサイト
  1. 2004/12/31(金) |
  2. memo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

男と女の関係

男と女の関係って・・「水」のようなものなのかも知れない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
長く留まれば濁るし

いつも低い方に流れるし

ほったらかせばよそに流れてゆくし、蒸発したり染みこんで無くなってたり

水の全てを把握することは不可能だ
手に取れば、指の間からこぼれるし・・
触れれば冷たいし
冷えりゃ凍るし
熱くなれば蒸発するものなぁ・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

蒸発した水は・・・・ふわふわと空に漂い
涙と共に地上に「落ちる」
落ちて「水」になる
水はさらに低い方に流され、他の水と出会い合流する
そして・・・いつか海に向かう・・留まらなければ(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだ、賀状製作中です・・
  1. 2004/12/30(木) |
  2. memo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いよいよ量産体制の年賀状

いよいよ年賀状を量産中です

年賀状の絵は「クラフトバードを操る」・・酉年ですから

賀状には直接印刷をせずに、版画です

この写真は制作途中で、油止めの層を印刷物に施したところです
この作業によって用紙の劣化(油やけ)を防ぎます

20041229161303.jpg


こんな感じで、お札も印刷できると良いのだが・・・

  1. 2004/12/29(水) |
  2. 年賀状製作過程|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

裸体画を描くことは?

裸体画を猥褻な目で観て評価するブログ「仏ゾーンブログ」■芸術をいやらしい目で見てみる読んでいて楽しめた、絵の評価や見方は個人の自由にゆだねられて当然だから、このような切り口は爽快でもある、作者が生きていたらどう思うだろう、聞きたい気もするが(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さあ、自分に振り返って考えてみよう・・
今はどうして?って思うけど、中学時代、図書室や図書館から画集を借りて絵を見るのが好きだった、それで、不思議なことに、裸体画ではなくても「性的興奮」があった・・広重の風景画でさえ・・画集はビニ本?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

色気のない作品は駄目!
抽象画だろうが現代美術だろうが建築物だろうが、作品にイロケがないと、魅力がない
イロケにもいろいろと有るが、肉欲的なオイロケだけではなく、幾何学的であっても冷徹な作品でさえもそれは存在している・・
なんだろう?・・
バランスや動勢、空間の美しさ(この美しさがエロスとイコールかも)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

放課後の教室に残された、「机と椅子の間の空気(空間)」←感心空間(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

好きな女の子が出来たとき
僕はその子の名前を日記に書きたかった・・書き連ねた
その行為は何だったんだろう?
名前を書くことによって、彼女をイメージし続けたかったから?
とにかく書きたかった、書くことによって彼女が自分の裡(世界)に浸透していく気がした・・
でも、これは、お経のようなもの・・唱えることでどんどんと深みにはまる・・洗脳されるように繰り返す「呪文」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日記で彼女の美しさが表現しきれなくなったことがある
それは、その片思いの彼女の肌の色・・

自分はそれをきっかけに油絵の具を始めた
だから・・最初に描いた油絵は「セーラー服の少女」13の冬でした(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今も、裸体画は重要なモチーフでもある
なぜ裸体なんだろう?
簡単に言えば美しいから
なぜ美しいのだろう?・・・・・・
いやらしい気持で見て描いてるのですか?・・・・この答えは、難しく微妙、否定も肯定も即答は出来ない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

身体の質感を思わないと描けない、胸は柔らかく肘は硬く・・腿は・・腕は・・足首は、首筋はどうなの?
・・・・とても大切なことで、そのような要素を考えずに描くことは自分には無理・・表面的な形よりも自分にとっては大きな要素

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それを考え・・その背後の・・その身体の持ち主(モデル)の生活や趣味、思考や感情を表現してゆく・・時には会話も重要なモティーフになる・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なぜ裸体画?・・・男性である自分が女性の裸体画を描く時は、モデルの裸身が自分だけに向けられた、彼女のメッセージ、私的な・・かなりプライベートな愛の表現だろうから・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あるフォービストの言葉
「抱いてない女は描けないだろ!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 鍵



  1. 2004/12/28(火) |
  2. memo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

冷えた関係には気の抜けたシャンパン・・

冷めたビールで心を温めます!・・ってなんのコピーだったけ?


・・・・・・冷えた関係には気の抜けたシャンパン

某月某日
女は小さなため息を吐いた・・横にいる男は気の抜けたビールのグラスを指でなぞりながら見つめていた・・

それから1週間後
女はシャンパングラスを前にして沈黙を続けていた・・
窓からは素晴らしい夜景
男はぽつりとギャグをかました・・

さらに1週間後
コートに寒そうに身を包み女は男と連れ添い歩いていた・・
遠くから・・鐘の音 低く響き・・年が明けた

・・・・・・・・・・・・・・・・・

暖かいおでんと熱燗
焼き鳥と生ビール
赤ワインとチーズ
白ワインと舌平目
冷酒と刺身
君と僕
僕と君
冷めたピザと気の抜けたビール
串から外れ堅く冷えた焼き鳥と冷めたお湯わり焼酎
ドレッシングを掛けすぎたサラダとオリの入った白ワイン
乾燥したミックスサンドと氷の溶けたバーボン
除夜の鐘とクロスのペンダント
・・・・・・・・・・・・・・・・・

お品書き

・・・・・・・・・・・・・・・・・


  1. 2004/12/27(月) |
  2. memo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

21世紀美術交流クリスマスパーティー

テーマ「オフ会」を選択したけどオフ会とも違います
------
21世紀美術交流展は年に1回の美術家仲間が集まりオフ会のようなものなので・・
各自がそれぞれ個展やグループ展を通して知り合った知人や友人を誘って上下関係のない会を目標に30年近くも続いている会です・・はじまりは現代精鋭作家選抜展からだと思う、その後作家達による作家たち展と名称を変え、コンセプトもより明確に・・21世紀になったのと、お世話になっていた銀座のギャラリー中島の閉鎖に伴い、今は21世紀~に変えて、千駄木画廊さんにお世話になっている・・

------
前置きが、長い・・・
--------------------------- クリスマスパーティー
各自が500円程度のプレゼントを持ち寄ってプレゼント交換
---------- 二組のトランプ..一組はプレゼントに付けられ、もう一組が抽選用に・・・

楽しめました!

会の構成員は、大雑把には20~60、そんな格差は感じられず、てか、ファミリィかな?

プレ交換も終われば・・デリバリーピッツアも届き、気分はメリクリ!
+++++++++++ 
  1. 2004/12/26(日) |
  2. memo|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

もうひとつの胡桃割り人形

メリクリ!

自分はクリスちゃん!ではないので・・(笑)
クリスマスなんてどうでもいいと言いたいのだが、今やクリスマスは国民的行事でしょう
・・・・・
季節感を大切にする国民性をもろにかぶってしまっているので

・・クリスマスも例外ではない
・・・・・・・きっと、紅白もあくびをしながらちらりちらりと見るのかも知れない
・・・・・・・・・・・クリスマスは子供の頃に************三太さんという人は、とてもお人好しの子供好き、鼠小僧のように煙突から・・間違いだなぁ、煙突から鼠小僧は侵入しない(笑)、でプレゼントを振る舞っている・・らしい***って、噂を聞いた

ひとめ三太を見ようと、決心した自分は布団のなかで眠るまいと頑張ったが・・・翌朝、クリスマスの朝・・枕元にリボンの付いたクリプレ・・自分の場合プレゼントはお菓子や玩具ではなく、なぜか書籍・・派手さはないが本の世界は興奮した・・
+++++++++グリム童話や小川未明、龍の子太郎、松谷みよ子だったかなぁ・・そして、最後は少年少女文学全集!ファーブル昆虫記やシートン動物記、小公子・・なんかに夢中になっていた
+++++++++++++++自分って文学お子ちゃまだったんだぁ!

**************** そのような人生経験から、クリスマスプレゼントは「本」に限ると自分は思ってる!----------実はこの目論見は成功確率高いのです・・・・・子供をお持ちのおやごさん、飴と思わせて本をプレゼントしてみてください、いちばん洗脳されやすいのは小学校低学年からです!たぶん・・・

----------------------- もうひとつの胡桃割り

            20041225100502.jpg

  1. 2004/12/25(土) |
  2. memo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

胡桃割り人形の季節

あと一週で、新年
まだまだ忙しい・・
おまけに今日はイブだし、おまけに取材日だ・・

---------------

胡桃割り人形



                   20041224123008.jpg

  1. 2004/12/24(金) |
  2. memo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

心体検査?

今、燃えて制作している作品のひとつ

心体検査
・・・・・・・・・・・身体検査のミスタイプではありません

嫁入り前の少女を「遠慮なき医師団」が、ありとあらゆる方法で検査しています
心と体の検査・・

やけに現代的な装置も有れば、おいおい、こんな検査って・・
なんて言うのもあります

このテーマって・・自分の中の永遠のテーマかも知れない
  1. 2004/12/23(木) |
  2. 制作記録雑感|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

考えること放棄したら駄目

今日はゆっくり寝ていても良いのに
・・特に予定が希有な1日!

嬉しくて、7時頃には目が覚めた・・まだ・・眠い
-----------
書きたいこと言いたいこといっぱいあるのに
それが
書いてはいけないこと、言ってはいけないこと(笑)

-----------
写真をやってるかなり若い友人が、やけに哲学的なつぶやきをもらし苦笑した(悪い意味でない苦笑です)
「見えるものは捉える、光が有れば掴むことが出来るように思う」このような言葉・・
なぜ苦笑したのかというと、自分も習作時代、悩みに悩んで、その壁を越えたときに、へんな自信が出来、同じような、思いを持ったことを思い出した
-----------

努力を放棄した人間の言葉はつまらなくクドイ

-----------魅力的な人間に共通することは、「年齢に関わらず」絶えず「努力をして、考えている」からだろうなぁ!


  1. 2004/12/22(水) |
  2. memo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

21世紀美術交流展2日目

2日目です

夕方より千駄木画廊に・・
打ち合わせを兼ねて飲みに行く
-------------
いい感じなのと、画像選択、順序が上手く繋がり構築されたものを見ていると・・餅は餅屋と強く感じた
-------------
いろいろと面白い話しが飛び出してきた
-------------
さらに、飲みに行く
  1. 2004/12/21(火) |
  2. PROJECT X1|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日から21世紀美術交流展

昨日も 飲み
・・・
今朝、起きるときに・・夢うつつで
・・・今日は・・今日の予定は・・ああ、よかった、今日は特に何もない、飲まなくていいんだ・・と、嬉しがってた・・そして、少しずつ目覚めてきて・・やばい、きょうも、飲みだ~~~

・・・
そろそろ行ってきます!
  1. 2004/12/20(月) |
  2. memo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

時のかたち総会と21世紀美術交流展搬入が重なって・・

展示が心配・・
自分の作品の展示方法はある程度伝えてはあるのだが・・
いろいろ情報を集めたところ、展示のベテランスタッフ、本日、自分も含め都合が付かない人が続出している・・
----------------
総会は外すわけにはいかないし・・・
----------------

と、いうことで、明日は「21世紀美術交流展」オープニングです。詳しくは下記URLで

http://members.jcom.home.ne.jp/artist1/dm.html
  1. 2004/12/19(日) |
  2. memo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

展示作品・・マットも完成

出品作7点?かなぁ?
とにかく、マットを作る、ただし展示スペースの関係で、額装はどうなるか分からないし、2点しか壁には飾れないと思う・・
・・・
まだ、考慮中

-------

嬉しい電話があった・・このままうまくいって欲しいと願う
  1. 2004/12/18(土) |
  2. 制作記録雑感|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ようやく・・ピエゾ展示用作品完成

21世紀美術交流展の搬入日が日曜日・・

せっかくなので、そのピエゾの自分型を発表しようとやってきた

自分でも面白いとは思うけど、額装に苦しんだ・・
普通の油彩フレームに入れたらタブローと区別がつかなそうだ・・
かといって・・何か適切な展示形態・・無いだろうか

箱形に包み、物質感を持たす←いいかも知れないけど・・

まだ、考慮中

・・・・・・・・・・・・

上田風子展、ミズテツオ展を観てきた

上田風子さんの作品には、惹きつける力がある・・傾向的には洗練されてきているが、ここから先、さて、どうなんだろう・・?
とにかく追っかけて観ていないと、自分には分からない・・
つまらないアドバイスが彼女の耳に入らない方が、より、いいものが出来てくるのは確かなんだけど・・

ミズテツオさんは、ここにきて変わってきている、世情との絡みも大きいとは思うが、フラッグシリーズの抽象性と、具象?的傾向のナィーフとが今回の「画家とモデル&男と女」では見事に一致させてきて、ある意味抽象化されたぶんリアルにさえ感じた。
  1. 2004/12/17(金) |
  2. memo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1日だけの幻想美術展【大阪】北堀江美術館

北堀江美術館で1日だけ12時間展覧会が行われると連絡を頂いた。

北堀江美術館といっても、知らない方がほとんどだと思いますが、今年9月1日にオープンした美術館で、大阪のど真ん中、ブランド店がひしめくところに出来たちいさな美術館です。

---------案内


        北堀江美術館「コレクション展」の御案内

 9月1日に開館致しました弊館の第1回展覧会「市川伸彦展」開催の折には、
皆様、お忙しい中をお運び戴き、本当に有難うございました。
 その後、スタッフの都合により2ヶ月ほど閉館致しておりましたが、今回、
一日だけのささやかな「コレクション展」を開催する運びとなりましたので、
謹んでここに御案内申し上げます。
 なお出品作品は、主に東京でご縁を戴きました藤野一友、秋吉巒といった
幻想派絵画が中心となっております。このたび、諸般の事情により、非常に
短期間の限定公開となりますことをお許し下さいませ。
                            北堀江美術館

  日時:2004年12月19日(日) 6:00a.m.~6:00p.m.(12時間開催)
  場所:大阪市西区北堀江1丁目2番23号 御池ビル1F
  目印:地下鉄四つ橋線「四ツ橋駅」6番出口より四ツ橋筋を挟んだ
     向正面にあります古く低いビルの1階の青い丸テント看板が
     目印です。
  付記:3時より簡単な立食パーティを予定致しております。
  料金:無料

-------------
20041216191540.jpg

  1. 2004/12/16(木) |
  2. 展覧会告知|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

国内の幻想系絵画の土壌

タイトルの割にはなんて事無いけど

いろいろな画家達と話しをしていて、その出身地にある傾向を感じる・・
ここに来て、やけに多いのは群馬周辺と名古屋周辺

共通点はなんだろう?

もしかして、着物の絵付けと関連しそうな気も少しする・・

・・・・・・・・・・

地域と色彩

出身地を聞くと、その人の作品の「色彩」に地方によっての共通性があることも多い・・でも、これってなんだろう?

・・・・・・・・・・
  1. 2004/12/16(木) |
  2. memo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

手で考える・・次は、足で稼ぐ

足で稼ぐ
足かせ
足繁く
足が出る
足元を見る(見られる)
足蹴にする

・・・・・・たいしてボキャブラリィがないので

    イメージとしては「足」は「手」に比べて「物理的」
    感情を表現せずに、行動パターンが多いような
    あまり、いい意味の言葉がないけど・・

    しかし・・「足フェチ」・・多いのだから
    何か、有りそうにも思うけど・・

  1. 2004/12/15(水) |
  2. memo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

現代のパンドラの箱

携帯電話を友人の家に忘れてしまった
別に、どうって気になるほどのこともないのだけど・・
・・・・・・
自分の携帯電話って、通話するってこと、自分からは月に数回、掛かってくることも同じくらいかも・・
------
笑えるのは、自分で笑ってどうするんだってツッコミ入れたくなるけど、外出中は電源を切っていることの方が多い。
------
自分にとっては、情報端末?のような位置付け、メールはとても多い、多いけど、携帯からお返事を打つ事はあまり無い・・
------
そんな携帯電話だけど・・自己情報が詰まっている・・余程大事なものでない限りパスワードもクッキーに入ってる
かなりプライベートな「自分の手垢」に満ちた・・「パンドラの箱」
------
お財布携帯や・・チケットにもなったり・・携帯はどんどん多機能になっている・・・
------
この自分の「パンドラの箱」・・別に怪しい交際関係やおかしなwebにブックマークなんかしていないけど・・
手元に無いと知ったら・・そわそわと落ち着かなくなるものだ・・
---------置き忘れたところが友人の家で良かった・・これが、どっかのお店や、電車の中とかだったら・・考えるだけでも恐い
  1. 2004/12/14(火) |
  2. memo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

手から始めよう

人間が人間らしさを獲得したきっかけは「手」

猿→類人猿→人・・・の流れは 枝を掴むことの出来た手の獲得

 「掴む」・・
  幸せを掴む←幸せって「手」で掴むものなのかも
  心を掴む →胸を掴む(喧嘩?)
  ・・触れる【心に触れる】→胸に触れる?(笑)

・・・道具を作りだすことによって→進化スル?
人間は

道具を作る道具のように

特化(進化と思えないので)してきた・・

・・悲しいけれど、所詮人間は「猿」
  道具を作り続ける、いつまでも作り続ける・・その「行為」が「豊かな生活」を保証するとでも思っている(実際は極めて利己的なサルの本能)・・

・・・・・・・・・・マス社会と村意識
心の世界(宗教の時間ではありません)

脳の容量と賢さ
人間は他の動物と比べて「脳容量/身体」が極端に大きい
         ↓
これが、もし人間の誇りだとするならば「大間違い」かも
         ↓
なぜならば・・赤ん坊>大人  肥満>痩身 たぶん容積比率で賢さは判定できないでしょう(屁理屈だけど)
         ↓

鯨の穏やかな生活と深い愛情


         ↓

非文明化地域の人の心←?→先進文明地域の人の心



------------------------
Ex.アポリジニアートとニューヨークポップアートとの精神文化のレベル(レベル比較というよりも質の差異なんかを考えてみる)
++++++++++++++++++++++++

手で考える、手で表現する、手で伝達する、手で探る・・手を繋ぐ
------------ もし、現在の自分(もしくは人類)が不遇だと、少しでも思うことがあるならば・・----------
------------ キーワードは「手」かも知れない

戦争も飛び道具や卑劣な罠や刃物なんか使うから「憎しみ」しか産まれない・・素手で殴り合えば、「和解」「友好」の糸口が見つかりそう・・★★★

手から手へ・・伝えよう私たちの未来!・・(やけに結論が陳腐)
***** ¥Xさんより考えるきっかけを頂いての月曜日でした!
  1. 2004/12/13(月) |
  2. memo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ミズテツオ 画家とモデルと女と男

13日より18日まで、京橋四季彩舎

ミズテツオさんはン十年前、銀座のバイト先での上司(笑)
学校の先輩でもある

そんなミズさんも13日は干支を全部経験して、人生一巡振り出しに戻る日だと思う・・お誕生日だそうです

フラッグのシリーズは良く知られていると思いますが、ミズさんのナィーヴドローイングの世界は、それ以前から続いている仕事です、銀座でのバイト先では自分のおニューのマーカーペンセットを・・・言葉切れ

------------------

20041213103352.jpg


DMより
  1. 2004/12/12(日) |
  2. 展覧会告知|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今様 鳥獣戯画展、プンクト展などを見て廻る

今様 鳥獣戯画展
ギャラリーアートもりもと、鳥獣戯画をテーマに
アダム・ブース、井手尾摂子、佐藤芽実、塩崎顕、安武宗吾の5人展
現代洋画作家だけど、和の要素を取り入れ取り組んでいて面白く観る、井手尾摂子がやけに頑張っていい仕事をしていた、来ている・・
----------------
荒野晶子展
銀座小野画廊?←(2)
鉛筆と水彩による心理的な描写、細密描写でもないが、フォトリアルっぽい感じ

20041212145259.jpg


この老人の横顔、普通にアカデミックな構図法をとるのならば、顔の前の空間を(つまりこの絵の場合は左側)大きく余裕を持たせてとるものだが、後ろの方に大きく空間をとっている、これはおそらくこの老人の生きてきた長い人生の重さなのだろう・・寂しさはないが不安な感じを受ける構図・・残された未来は少ないが・・老人は遠くを見ている・・
荒野さんはスペインから帰って心理学を学びながらも絵を続けて十年ぶりの個展になった

-----------------------
プンクト展
青木画廊、混合テンペラの研究所からの30人ほどのグループ展
昨年に続き青木画廊では2度目、見られることによって学ぶ、そのような効果が確実に反映されてきているように感じた、それぞれの作品はそれぞれに面白いのですが、モチーフ作り雰囲気作りが、まだまだ師の手から放れていない作家も多い気もする
  1. 2004/12/11(土) |
  2. 展覧会雑感|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日は取材日・・

金曜日と土曜日は取材になるべくあてている

--------------------

幻想絵画って(別にジャンルを括る必要もないが)
想像、イメージ・・
空間も時間も重力も「夢」の世界を表現するのだから・・
取材もデッサンもパースの勉強も不要でしょうが?
-------------なんて、質問って言うか、そう思っている人間も多いのに驚かされる

現実がなければ空想すら出来ないのは当たり前なのである
空想とは現実の断片を繋ぎ合わせる作業である
取材や体験をおろそかにして、使い回された過去記憶(記憶は過去に決まってるが、古い記憶)だけで、制作を続けていてはマンネリ化するのは自明の理

-----------------------

他人の模倣(師からモチーフまで学ぶ)
自己模倣をする
・・・・・・・・・気を付けよう、他人の記憶はあなたの記憶ではない・・・・
・・・・・・・・・気を付けよう、記憶って薄れるのだよ、ボケ老人にならないように・・・・

-----------------------

画家(画家に限らず表現者)のスケベは(笑)創作ソースの飽くなき追求!

ピカソの晩年の悲しみは・・
  1. 2004/12/10(金) |
  2. memo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いよいよ年賀状の季節ですね

いよいよ年賀状の季節ですね
なんとなく
印刷に掛かっているのですが、毎年この時期に名簿の整理をしようと思っているのですが、忙しい(笑)

喪中の方に送ってしまうのなんて年常?茶飯事?
下手すると、亡くなられた方にまで「おめでとう!」なんて送ってしまうので・・自分でも呆れてしまう

名刺を頂いたら、すぐに入力していればいいのに・・
そう思うのもここ十数年変わらない・・

ただし、手間は無茶苦茶かけているんです!

--------------------

自分は夜は酒飲んでるのでネットしない、滅多にしないから、日記を書くのはどうしても1日遅れになる、それでも、日記の重要性(ちっとも重要ではない)て言うか、面白さ、これって、ネットメディアのライブ性だと思うが・・
・・と、いうことで、今日からライブを心がけようっと!
  1. 2004/12/09(木) |
  2. 年賀状製作過程|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

展覧会の会期が迫ってきた・・

21世紀美術交流展の会期が迫ってきた・・
今回は印刷をテーマにしたいと思っている

版画

版画の定義がかなり広義なものになっている・・

複製がきくものを第一定義・・というのも誤り
          1点ものの版画も存在する
版がある、または型がある(これは立体も含むようになっている)鋳型?

コピーも含め(オリジナルが版っていうのも不思議)る。

画でなくても良い

写真

PCデータも・・版

-------------------------------

定義模索しても無意味ですが、なにか創造のきっかけになれば

-------------------------------

整形美人も版画だったり・・

-------------------------------

と、いうことで、みぃちゃんの学校の身体検査(P50)を複雑過程で完成再現(シュミレーション?)なんか面白いかと考え中・・
  1. 2004/12/08(水) |
  2. memo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

kenjione

11 | 2004/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search