本館 秘密の庭で遊ぶ少女たち3 ←GO!

掲示板 BBS ←GO!

油彩画の制作過程や日々のBLOGです。

耐性菌・・院内感染2

二度目の耐性菌は、もっと深刻(らしかった)
一度目は急な発熱39度越えという発症状だけだったが、二度目は、それプラス猛烈な下痢と、意識を失い痙攣したらしい、らしいというのは、自分は意識を失っていたのでわからない(笑)
結局血液検査で、出てはいけない菌が検出された←「出てはいけない菌」ってなんの菌?って問いかけには、菌の個人情報の保護か、詳しくは教えてくれなかった(笑)、大腸菌系?の問いかけに、まぁそんなものだとの答え、ちょうどこの頃、大分だったかな?の病院で「リョクノウ菌」のスーパー耐性菌で死者数名が出ていたりで・・(もしかして?かも)、ってことで、出てはいけない菌のお陰で「スーパーな個室を準備してくれた」感謝!! この個室、近くはサンシャイン60、そして新宿超高層ビル群、遠くは富士山まで、一つの窓から一望出来る、まさにリゾートシティホテル!、ここの住人になれた!、二度の耐性菌騒ぎ、どちらも自分自身が辛かったのは3~4時間程度、すぐに熱も下がり、食事も普通にとれる状態に戻る。
この個室、自分にとっては天国だが医師、看護士、見舞客などにとっては地獄、マスク、エプロン、手袋、手洗いの完全防御での入室が義務づけられている。
三週間ほどここで過ごし、ここでの環境で自分はどんどんと快復していった、不思議、不思議ってこの期間は治療はほとんど休止状態だったんです。
ぼくは自分のことを、バイキン君って呼んでいた(笑)

ところで抗生物質の効かない耐性菌、どうやって退治するの?

耐性菌君も無限の種類があって、そして抗生物質も数限りない種類があるらしい
結局このおっ駆けっこで、勝ち抜き組のバイキン君がスーパー耐性菌となってしまうのだが・・耐性菌対策はやっぱり抗生物質、ある程度、目星をつけてグループ化して、抗生物質を2日(一日三回程度)単位で、次の抗生物質と変えてゆく、それを、繰り返す、いつかまぐれ当たりするのを待っている(失礼)、てか、確実に消滅させられないまでも、弱らせ、個体数を徐々に減らすくらいの効果はあるんだろう・・、それでも生き残った菌は「やっぱり強いに決まってる!」
  1. 2005/12/07(水) |
  2. 闘病記録|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<CCR?入院生活 | ホーム | 耐性菌・・院内感染>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenjione.blog1.fc2.com/tb.php/148-f2471c41

kenjione

05 | 2021/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search