本館 秘密の庭で遊ぶ少女たち3 ←GO!

掲示板 BBS ←GO!

油彩画の制作過程や日々のBLOGです。

河鍋暁齊と歌川國芳

東京ステーションギャラリー 1月23日まで

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 國芳っていうのは、好奇心の強い、それでもって繊細な神経を持っていた、人柄も良さそうな人に思う、暁齊との比較では、暁齊の制作期の方がより今に近いっていうのが面白い、國芳が西洋からの技法を必死になってこなそうと試み、ある意味消化しきれずに、だがそれでも、その中途半端な影響が彼の浮世絵に石を投じ、國芳世界が出来たように思う、過渡期的な良さが随所に見られる、その流れはやがて大正ロマンや昭和モダンのイラストレーションに続いて行くような感じを受けた、一方の暁齊は、國芳の仕事を見ていながらも、日本の伝統の復刻?のような掘り起こしをしながら、西洋遠近法を上手に、透視図法に頼らず、それは多重構造やコントラスト輪郭処理、という概念を持ちだして定着させていった・・國芳、暁齊どちらも、日本の絵画表現の大津波のような激流の中で生き残った素晴らしい「知」であるように自分は思う。
  1. 2005/01/12(水) |
  2. memo|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<「ビー玉」 | ホーム | ビー玉と貝殻 F3>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenjione.blog1.fc2.com/tb.php/63-409a335b

Kuniyoshi and Gyosai exhibition..Tokyo station gyallery

I myself took this photograph.
  1. 2005/01/12(水) 23:00:17 |
  2. Good morning..Mari's photograph collection

kenjione

09 | 2018/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search